スキンケアニキビの治し方ニキビを改善する生活ニキビを改善する食べ物

「汚れた腸」がニキビを作る

便秘になると、肌荒れするのはなぜでしょう?
赤ちゃんはミルクを飲むたびに排便をします。
3日でないと便秘?違います。
大人でも毎日すっきり排便があるのが健康のバロメーターです。

「うんち」の中身はすべて食べ物のカスだと思っている人がいるようですが、実は健康な人のうんちの約80%は水分です。
残りの固形分20%のうち、1/3が食べ物のカスで、1/3が古くなった腸粘膜、そして1/3が腸内細菌とその死骸です。
ちなみに、茶色い色は食べ物の消化を助ける胆汁の色です。

人間の体温はおよそ36度、
室外気温で考えてみてください。
真夏のかなり暑い気温です。
本来ならば排出されるべき便が長く腸内に留まっている、これが便秘です。

毎日出ていても、「よいうんち」でなくては健康とは言えません。
理想的な便はバナナ状で大きい、適度な柔らかさ、水に浮く、不快な臭いがない
特に「水に浮く」のが大切です!!!

※肉食の方は便が黒っぽくなり、臭いも強くなり、水に浮きません。

「悪いうんち」
ウサギのようなコロコロ便(量が少なく、残便感が多い)
細長いひょろひょろ便(腸や腹筋の低下、高齢者、ダイエットによる)
泥状のネバネバ便(消化吸収が満足にできない状態)
ビシャビシャ下痢便(大腸が水分を十分に吸収できない、自立神経の乱れ、冷え)

人はどんなに汚れていて腐敗したものでも、腸から栄養を吸収しないと生きていけません。
そのため便秘によって腐敗した栄養も腸から吸収され、血液に入ります。

毎日汚れた血液が体を巡るとどうなるでしょう?
全ての内臓と皮膚がダメージを受けます。

「腸を制する者は、健康を制する」
ニキビだけでなく、女性に多い大腸がんや生活習慣病。
腸を綺麗にすることが美しい肌と健康な体づくりの基本なのです。

年に1~2回、ファスティング(断食)をすると、体に溜め込んだ老廃物を排出し、腸内を綺麗にすることができます。
美しい肌、スリムな体も手に入ります。
ぜひご相談ください。

関連コラム