スキンケアニキビの治し方

ザラザラ毛穴(角栓)の対処法

気温が上がり、徐々に皮脂分泌量が増えてくる季節になりました。
春になるとニキビが増える方、冬場に増える方、いろんなニキビのタイプがあります。

どんなニキビでも毛穴の詰まり、角栓が原因です。

角栓の正体は?
毛穴の汚れは自分の肌から分泌された汚れです。
角栓の成分は約70%のたんぱく質と30%の脂質で出来ているといわれ、角質がたんぱく質を、皮脂が脂質を指します。

このように角栓の主な成分は角質なのです。
角栓はターンオーバーの乱れが原因です。

健康的な肌は正常なターンオーバーを繰り返し(約28日周期)、古い角質を毎日少しずつ輩出(角質が剥がれ落ちている)。
肌の深層部で新しい角質になる細胞が作られています。
この新陳代謝によって肌は健康でいられます。

乾燥肌こそ毛穴が詰まりやすい

乾燥した肌や角質層が乱れた状態の肌は、角質の排出がスムーズに離れる事ができず、まとまった塊になって剥がれ落ちたり、肌に残ってしまう事があります。
乾燥すると顔表面が白く粉吹いたように見えるのは、剥がれ落ちていない古い角質によるものなのです。

うまく排出されずに肌に残った角質は、毛穴に詰まり変化します。
毛穴は皮脂の通り道、古い角質と皮脂が合わさることで角質は大きな塊になります。
これが角栓なのです。

健康な肌は柔らかく角質や皮脂がスムーズに押し出され、毛穴もキュっと引き締まっています。
しかし、乾燥した肌は硬くなり、ゴワゴワな肌は柔軟性もありません。
皮脂と角質の排出がスムーズに行えず、このため角栓が出来てしまうのです。

角栓は抜いてはいけません

角栓を無理やり抜いてしまうと、次の角栓が出来るのが早くなり、肌のリズムが崩れてしまいます。
また爪などで毛穴に傷を作ってしまうことがあります。
ニキビのクレーター同様、非常に治りにくい跡になってしまいます。

絶対に毛穴の角栓を押し出してはいけません!

発生を予防するケアが大切

角栓を防ぐには毛穴の荒れを改善することです。毛穴を改善には以下のことに注意が必要です。
汚れを取ろうとして洗浄力の強い洗顔料を使用すると、肌の乾燥が進み、バリア機能の低下した肌をつくります。
肌を改善するには日々の洗顔を見直しましょう。

特にクレンジング選びは重要です

界面活性剤を使用した強いクレンジングは、お肌のバリア機能を破壊し乾燥肌の原因となります。

PROUDのミルククレンジングは界面活性剤不使用
抗炎症成分、3種のアンチエイジング成分、保湿成分配合
汚れを落とすだけじゃない美肌を守るクレンジング
お肌のプロが開発した、肌荒れを予防するクレンジングなのです

関連コラム