【即効】大人ニキビの治し方 | 全然治らない原因を徹底解説!

ニキビの治し方

年齢を重ねるとともに、新たな悩みとして登場するのが「大人ニキビ」。
思春期ニキビとは異なるその原因と治療法には、特有の複雑さがあります。
ストレス、ホルモンバランス、食生活など、日常生活の様々な要因が影響を及ぼし、顔だけでなく体の広範囲にわたって現れることも。

よしこ先生
よしこ先生

この記事では、大人ニキビを即効で治すための効果的な対策として、科学的根拠に基づいたスキンケア方法を紹介します。大人ニキビを根本から改善し、再発を防ぐためのポイントを解説するため、ぜひご一読ください。

記事執筆:ニキビ研究所所長 牛尾佳子

1.大人ニキビとは

大人ニキビは、20歳を超えた人の皮膚に現れるニキビです。
思春期のニキビは主にホルモンの増加と皮脂の過剰分泌が原因ですが、大人ニキビはさまざまな要因に起因します。

ホルモンバランスの変動、特に成人女性の月経前のホルモン変動、日常のストレス、不規則な生活習慣などが主要な原因とされています。
特に、月経前にホルモンのバランスが崩れることで、皮脂の分泌が促進され、ニキビが出現しやすくなるのです。

大人ニキビの特徴

大人ニキビの特徴として、赤く炎症を伴うニキビや白ニキビがあります。
特に顎、口周り、頬にできやすく、放置するとニキビ跡やシミ、くすみの原因となるため、早期のケアが求められます。

大人ニキビは、その発生や見た目にも特有の特徴があります。
まず、炎症を伴う赤いニキビは、皮膚の深層部での炎症を反映しており、これは細菌の増殖や皮脂の詰まりによるものです。
次に、白ニキビは皮膚の表面で皮脂や角質が閉じ込められたもので、これがくすみの原因となることがあります。

大人ニキビのもう一つの大きな特徴は、一度発生すると治りにくいという点です。
これは、大人の皮膚の再生能力や回復力が思春期に比べて低下しているためです。
特に、顎、口元、頬などの部位には、皮脂の分泌が多いためニキビができやすく、治りにくいことが知られています。

さらに、放置するとニキビそのものだけでなく、その後のニキビ跡やシミ、くすみが残ることがあります。
これは、炎症や皮膚の損傷がメラニンの過剰な生成を引き起こすためです。
このような後遺症を避けるためにも、早めの適切なケアが強く推奨されます。

大人ニキビの種類

大人ニキビは身体の様々な部位に発生します。
頭、おでこ、眉間、鼻、耳たぶ、頬、フェイスライン、顎、首、胸(デコルテ)、背中など、繰り返し同じ場所にできる人も多いです。

部位別や症状別のニキビの特徴や原因、治し方については以下の記事でも詳細に解説しました。
ぜひ、お時間のあるときにお読みください。

2. 大人ニキビの原因を知る

大人ニキビの主な原因は、ホルモンバランスの乱れやストレス、不規則な生活習慣、食生活の乱れなどが考えられます。
特に、大人の女性は月経周期に伴うホルモンの変動が大きく、それが大人ニキビの原因となることが多いです。
また、過度な皮脂の分泌や毛穴の詰まりも大人ニキビを引き起こす要因となります。
以下に詳しく見ていきましょう。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れは、皮膚の状態に大きな影響を及ぼす要因の一つです。
特に女性の場合、月経周期の中でホルモンの分泌量が一定でなく、周期的に変動します。
この変動により、皮脂の分泌が促進されることがあり、それがニキビの発生の大きな要因となります。

さらに、女性の生涯を通じての大きなライフイベント、例えば更年期、妊娠、出産なども、ホルモンバランスの大きな変動を引き起こすことが一般的です。
これらの変動は、肌の調子を乱すだけでなく、ニキビや他の皮膚のトラブルの原因となることも。

ホルモンバランスの乱れを緩和するためには、健康的な生活習慣の維持やバランスの良い食事、適切なスキンケアが不可欠です。
例えば、ビタミンやミネラルを含む食事、ストレスの軽減方法、そして皮膚のバリア機能をサポートするスキンケアが、大人ニキビの予防や改善に効果的です。

ストレスと生活習慣

悩んでいる女性

ストレスと生活習慣は、大人ニキビの発生に直接的な影響を持つ要因として挙げられます。
ストレスが増加すると、体内でコルチゾールというストレスホルモンが増加します。
このホルモンの増加は、皮脂腺の活動を刺激し、結果として皮脂の分泌が過剰になることが知られています。
過剰な皮脂は、毛穴の詰まりを引き起こし、ニキビの原因となります。

さらに、不規則な生活習慣や十分な睡眠を取らないことは、肌の新陳代謝やターンオーバーのリズムを乱します。
正常なターンオーバーが乱れると、古い角質が皮膚の表面に留まりやすくなり、これもニキビの原因となる可能性があります。

このような背景から、日常生活でのストレスを効果的に解消する方法、例えばリラクゼーションや趣味を楽しむこと、適切な休息を取ることなどが推奨されます。また、質の良い睡眠を確保することで、肌の健康を維持し、ニキビの予防に繋がります。

食生活の乱れ

食生活は体の健康はもちろん、肌の状態にも直接的に影響を与えます。
油分や糖分が多い食事やジャンクフードを頻繁に摂取すると、血糖値が急上昇し、これがインスリンの分泌を増加させます。
インスリンの増加は、皮脂の分泌を促進するホルモンの活動を高める可能性があり、結果的にニキビの原因となります。

さらに、ビタミンやミネラルなどの必要な栄養素が不足すると、肌の新陳代謝やバリア機能が低下します。
これにより、皮膚は外部の刺激や細菌に対して脆弱になり、ニキビや他の肌トラブルの発生リスクが増加します。

健康的な食生活を維持することは、大人ニキビの予防や改善に不可欠です。
例えば、アンチオキシダントを多く含む食材や、ビタミンC、E、亜鉛などのミネラルをバランス良く摂取することで、肌の健康をサポートし、ニキビの予防や治療に効果的です。

3. 全然治らない大人ニキビの治し方【即効性あり】

よしこ先生
よしこ先生

こ大人ニキビの治療法には、大きく分けて「スキンケアでの対策」「薬や治療でのアプローチ」の2つがあります。

スキンケアでの対策

大人ニキビへのアプローチの基盤は、日常の適切なスキンケアにあります。
まず、毎日の洗顔は非常に重要です。ここでのポイントは、洗顔料をしっかりと泡立てて肌にやさしくなじませ、皮脂や古い角質、毛穴の汚れを取り除くこと。
これにより、ニキビの発生リスクを低減させることが可能です。

次に、保湿のステップも欠かせません。
一般的に、ニキビがあると油分を避けたくなるかもしれませんが、実際には乾燥は皮脂の分泌をさらに促進する可能性があります。
そのため、ニキビ肌でも適切な保湿は必要となります。
水分を補給し、皮膚のバリア機能を強化することで、外部の刺激から肌を守ることができます。

さらに、ニキビ専用のスキンケア製品を取り入れることも効果的です。
これらの製品は、ニキビの炎症を鎮めたり、ニキビを引き起こす細菌の増殖を抑制する成分を含んでいます。
例えば、サリチル酸やベンゾイルペロキシドなどの成分が、ニキビの治療に役立つことが知られています。

薬(処方箋・市販薬)や治療でのアプローチ

薬の画像

大人ニキビは、自宅でのケアだけでは解決しづらい場合があります。
特に重度のニキビや持続するニキビには、専門的な治療が必要となることが多いです。

抗生物質を含む外用薬

クリンダマイシンやエリスロマイシンなどの抗生物質を含む外用薬は、ニキビを引き起こすバクテリアの増殖を抑える効果があります。これらの薬は、炎症を伴うニキビに特に効果的です。

ベンゾイルペロキシド:これは、皮膚の細菌を減少させる効果があり、多くのニキビ治療薬に含まれています。

ビタミンA誘導体:トレチノインやアダパレンなどのビタミンA誘導体は、皮膚の再生を促進し、毛穴の詰まりを解消する効果があります。これにより、コメド(黒ずみや白ニキビ)の形成を防ぎます。

イソトレチノイン:これは経口薬として処方され、重度のニキビに非常に効果的です。しかし、副作用があるため、医師の厳格な監視のもとで使用されます。

レーザー・光治療:ブルーライト治療や赤外線治療などの光治療は、ニキビの原因となる細菌を減少させる効果があります。
レーザー治療は、皮膚の奥深くまで到達し、炎症を減少させたり、皮膚の再生を促進する効果があります。

これらの治療方法は、個人のニキビの状態や肌質に合わせて選択されるべきです。そのため、皮膚科の専門家の診断とアドバイスを受けることが非常に重要です。医師は、症状の程度や患者の生活習慣、既往歴などを考慮して、最も適切な治療法を推奨します。

▼ 皮膚科に行ってもニキビが治らなかった方は、こちらの記事もあわせてお読みください。

大人ニキビは早めの対応が鍵

大人ニキビは、一度できると治りにくいと言われています。そのため、早めの対応が大切です。
最初のうちから適切なスキンケアや治療を行うことで、ニキビの悪化を防ぎ、短期間での改善を目指すことができます。
また、ニキビができた部分を無理に潰すと、跡が残る原因となるため、適切なケアを心がけることが重要です。

4. 日常生活での対策

大人ニキビの予防と改善には、以下の対策が非常に効果的です。

  • 食生活の見直し
  • 睡眠とリラクゼーション
  • 日常のスキンケアとUV対策

食生活の見直し

食生活は、私たちの健康はもちろん、肌の状態にも直接的に影響を与える重要な要因です。
特に、油分や糖分の過剰な摂取は、皮脂の分泌を過剰に促進し、毛穴の詰まりやニキビの原因となります。
例えば、ファーストフードやスナック菓子、砂糖の多いデザートなどは、摂取を控えることでニキビの予防に繋がります。

逆に、バランスの良い食事、特にビタミンやミネラルを豊富に含む食材の摂取は、肌の新陳代謝を促進し、肌の健康をサポートします。例えば、緑黄色野菜や果物、魚やナッツなどは、ビタミンC、E、亜鉛などの栄養素が豊富で、肌の健康に良い影響をもたらします。

また、アルコールやカフェインは、過剰に摂取すると体内のホルモンバランスを乱す可能性があるため、控えめにすることが推奨されます。特にアルコールは、体内での糖分への変換や脱水を引き起こすことで、皮脂の分泌を促進する恐れがあります。

食生活を見直すことは、大人ニキビの予防や改善に非常に効果的なアプローチとなります。

▼ YouTubeで「ニキビのプロが解説!ニキビが増える食べ物」を解説しています。

睡眠とリラクゼーション

質の良い睡眠は、私たちの身体や肌の健康にとって非常に重要です。
睡眠中には、肌の細胞が再生され、ターンオーバーが活発に行われるため、十分な睡眠を取ることで、肌の健康を保ち、ニキビの予防や改善に効果的です。
逆に、睡眠不足は肌のバリア機能の低下や乾燥、ホルモンバランスの乱れを引き起こし、これがニキビの原因となる場合があります。

また、ストレスはコルチゾールというホルモンの分泌を促進することが知られています。
このホルモンの増加は皮脂の分泌を促進し、ニキビや他の肌トラブルを引き起こす原因となります。
そのため、日常生活の中でストレスを軽減する方法を見つけることが重要です。

リラクゼーションの取り入れは、ストレスを軽減する効果的な手段の一つです。
趣味を楽しんだり、深呼吸や瞑想、アロマセラピーなどのリラックス方法を取り入れることで、心身をリフレッシュし、ストレスの蓄積を防ぐことができます。
これにより、ホルモンバランスを整え、ニキビの予防や改善に繋げることができます。

日常のスキンケアとUV対策

大人ニキビの予防や改善には、日常のスキンケアが欠かせません。
まず、朝と夜の洗顔は基本中の基本。洗顔は肌の汚れや過剰な皮脂を取り除き、清潔な肌の状態を維持するための重要なステップです。
使用する洗顔料は、肌に優しく、必要な水分や油分を取り過ぎないものを選ぶことがおすすめです。

保湿も非常に重要なステップです。
乾燥は、皮脂の過剰な分泌や肌のバリア機能の低下を引き起こすため、日々の保湿ケアで肌の水分バランスを整えることが大切です。
保湿クリームやローション、美容液など、肌のタイプや季節に合わせて適切なものを選ぶことで、肌の健康をサポートします。

そして、UV(紫外線)対策。
紫外線は、肌の老化やシミ、さらにはニキビの悪化の原因となるため、年間を通してのUV対策が必要です。
特に、春から夏にかけての紫外線は強く、日焼け止めクリームやスプレーの使用は必須となります。
また、帽子やサングラス、日傘を活用することで、より一層の紫外線対策を強化することができます。

▼ YouTubeで「【プロが教える】ニキビを繰り返さないスキンケアの方法!!」を公開しています。

5. 大人ニキビ跡のケア

大人ニキビの後の不十分なケアは、色素沈着や凹んだ跡を残すことがあります。
ニキビ跡の種類を知ることで、適切なケアを心がけましょう。

ニキビ跡の種類を知る

大人ニキビは治っても、その後のケアが不十分だと跡が残ることが多いです。
ニキビ跡には主に2つのタイプがあります。

色素沈着によるニキビ跡: ニキビが炎症を起こした際に、皮膚の色素細胞が刺激を受けてメラニン色素を過剰に産生することで、赤みや茶色いシミとして残ってしまうものです。特に日光に当たると色素沈着は悪化するため、UV対策が必要です。

凹んだニキビ跡: ニキビが深部まで影響を及ぼした結果、コラーゲンの損失が生じて肌の表面が凹んでしまうものです。このタイプのニキビ跡は、トップカバーやピーリング、レーザー治療などの専門的な治療が効果的です。

これらのニキビ跡を適切にケアするためには、まずはその種類を正しく理解することが重要です。
そして、早めの対応を心がけることで、ニキビ跡が定着するリスクを低減できます。
継続的なケアや皮膚科での専門的なアドバイスを受けることで、キレイな肌を取り戻す手助けとなります。

色素沈着のケア

ニキビが治っても、その場所に残る赤みや茶色のシミは「色素沈着」と呼ばれる現象によるものです。
これは、炎症が起きた際にメラニン色素が過剰に生成され、皮膚に留まってしまうことで起こります。

色素沈着を改善するためには、美白成分やビタミンC誘導体を含んだスキンケア製品の使用が有効です。
特に、ビタミンC誘導体はメラニンの生成を抑える効果があり、色素沈着の薄化に寄与します。
継続的な使用で、色素沈着は徐々に薄くなり、明るい肌へと導くことが期待できます。

さらに、色素沈着の悪化を防ぐための紫外線対策も重要です。
紫外線はメラニン色素の生成を促進するため、無防備に日光に当たると、既存の色素沈着が濃くなる可能性があります。
日常的に日焼け止めを塗り、外出時には帽子やサングラスを活用することで、肌を紫外線から守ることができます。
このような日々のケアで、色素沈着の予防と改善を図ることができます。

▼ 色素沈着にはフォトフェイシャルが効果的です。

凹んだ跡のケア

ニキビが深部まで影響し、強い炎症を起こした際に、その後の肌の回復が不十分であると、肌表面が凹んだ跡として残ることがあります。
この「凹み」はアトロフィックスカーとも呼ばれ、一度形成されると自然には戻りにくい特徴があります。

日常のスキンケアでは、このような深い跡の改善は難しいため、専門的な治療が推奨されます。
皮膚科や美容皮膚科では、いくつかの治療方法が提供されています。

レーザー治療: レーザーを用いて肌の奥深くを刺激し、新しいコラーゲンの生成を促進することで、凹みを浅くする治療です。
ヒアルロン酸注入: 凹んだ部分にヒアルロン酸を注入し、肌のボリュームを回復させる方法です。

▼ ニキビ跡のクレーターにはハーブピーリングが効果的です。

治療を受ける際には、自身の肌の状態や希望する結果に合わせて、最も適した方法を選択することが大切です。治療の前には、専門医との相談を十分に行い、期待する効果や治療後のケアについても理解しておくことが重要です。

▼ YouTubeでもためになる動画を公開しています。【クレーターは一生治らない!?】ニキビの専門家が徹底解説!

6. ニキビ研究所でのお客様の体験談

田中さん(30代・女性)の場合

田中さんは、20代後半から突然大人ニキビに悩まされるようになりました。特に顎周りにできるニキビが繰り返し発生し、メイクで隠そうとするものの、なかなか治らない日々が続きました。そんな中、皮膚科での治療と日常のスキンケアの見直しを行い、徐々に改善。今では、ニキビの発生を予防するためのライフスタイルを身につけています。

佐藤さん(40代・男性)の場合

佐藤さんは、ストレスや不規則な生活が原因で大人ニキビが発生。特に鼻や頬に大きなニキビができ、自分の外見に自信を失っていました。しかし、食生活の見直しや十分な睡眠をとることで、ニキビの発生を抑えることができました。また、皮膚科でのアドバイスを受け、適切なスキンケアを行うことで、肌の状態が良くなったと話しています。

山田さん(20代・女性)の場合

山田さんは、学生時代からニキビに悩んでいましたが、大人になってもその悩みは続いていました。多くの化粧品や治療法を試すものの、一時的な改善しか見られなかったと言います。しかし、ある日、ライフスタイルの見直しを始め、ストレスを減少させるための方法を取り入れたところ、ニキビが徐々に減少。今では、心のケアも大切だと実感しています。

▼ YouTubeで「【〇〇でニキビが一気に悪化!?】実話です。インタビュー!!」を公開しています。

ニキビ研究所では全店舗で無料相談を実施しています。詳しくは以下のリンクからご確認ください。

八王子店: https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000354091/
町田店: https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000458088/
立川店: https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000490329/
吉祥寺店: https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000456426/
笹塚店: https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000422996/
渋谷店:https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000644756/
池袋店:https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000691492/
西新井店:https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000702201/
横浜店:https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000590278/
本厚木店:https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000682128/
所沢店:https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000674840/
天王寺・阿倍野店:https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000693321/

▼ ニキビ研究所のInstagramでは、各店舗の最新お客様事例を公開しています。

7. まとめ

よしこ先生
よしこ先生
大人ニキビは、20歳を超えた大人の肌に現れるニキビで、ホルモンバランスの変動、ストレス、生活習慣の乱れが主な原因です。特に女性は月経周期によるホルモンの変動が影響し、皮脂の分泌が増加してニキビが発生しやすくなります。

大人ニキビの特徴は、治りにくく、顎や口周りにできやすいこと。
早めのケアが必要で、適切なスキンケアや食生活の見直し、質の良い睡眠が予防に繋がります。
ニキビが治った後の色素沈着や凹んだ跡のケアも重要です。

さて、こんなに長い記事を最後までお読みいただきまことにありがとうございました。
最後に、ニキビ研究所代表 牛尾佳子より皆様へご挨拶させて頂き、当記事を締めたいと思います。
ニキビに何年も悩んでいる皆様とお会いできることを、心待ちにしております!

牛尾 佳子

ニキビ研究所所長。2016年、自らがニキビを克服した過去と、15000人の肌を見てきた経験をもとに、ニキビ・肌荒れに悩む方に「一生悩まない肌作り」を伝えるためにニキビ専門エステ「八王子ニキビ研究所」をオープン。一日でも早くニキビを治して、自分が好きになれる一歩を踏み出して欲しいという願いを込めてお店を運営している。また、日本プロスピーカー協会の認定プロスピーカーとして選択理論心理学を普及し「コンプレックスのない社会の実現」を目指している。

ニキビ研究所のYouTubeチャンネル

ニキビ研究所YouTubeチャンネル

関連記事

30分無料!オンライン肌相談

オンライン肌改善のバナー

7日間でニキビケアが学べる!

ニキビ改善3つのルール

八王子店 町田店 立川店 吉祥寺店 笹塚店 渋谷店 池袋店 西新井店 横浜店 本厚木店 所沢店 天王寺・阿倍野店