おでこニキビが治らない方必見!治す方法や原因・症状・対処法、ニキビ専門サロンの最新施術法をご紹介します

ニキビの治し方

おでこニキビ
よしこ先生
よしこ先生
思春期を過ぎて大人になっても、おでこや生え際に繰り返しできるおでこニキビ(吹き出物)。
「洗顔しても、ニキビ用の薬を塗っても、サプリメントを飲んでも治らない!」とお悩みではありませんか?

当記事は、スキンケアしているのにおでこニキビが治らないとお悩みのあなたへ書きました。
大人になってもおでこニキビができる原因、症状、治し方、対策、ニキビ専門サロンでの最新施術法を詳しくご紹介します。
ぜひ最後まで読んで、しつこいおでこニキビを予防・改善してくださいね。

記事執筆:ニキビ研究所所長 牛尾佳子

おでこニキビが治らない原因とは?

おでこニキビが治らないとお悩みの方は、ニキビができる原因を把握することが大事です。
このセクションでは、思春期を過ぎて大人になってもニキビができる原因を解説します。

大人になってもおでこニキビができる原因

ニキビは毛穴に皮脂が詰まることが原因でできる、思春期の大きな悩みごとの一つ。
皮脂腺はおでこ、眉間、鼻などのTゾーンに多いため、ニキビができやすい部位でもあります。
特に男性ホルモンや成長ホルモンの分泌が活発になる中学生など思春期は、皮脂の分泌も過剰となり、顔の上部(おでこ~頬にかけて)にニキビができやすくなるのです。

ところで、20歳を過ぎても治らない大人ニキビは、思春期のニキビとは原因が異なります。
大人になってからのおでこニキビは、ストレスや生活習慣の乱れよる自律神経、胃腸(内臓)の乱れが大きく影響しています。
おでこは腸の反射区であり、胃腸の乱れがおでこニキビとなって出てくると考えられます。
また、シャンプーや整髪料が前髪に触れることで、おでこ表面の皮脂腺が刺激され、皮脂が過剰に分泌されることも原因の一つといえます。

大人になってもおでこニキビができる方は、肌を整えるだけでなく、食生活や生活習慣を見直し、おでこニキビを根本から改善していきましょう。

▼大人ニキビの治し方についてもっと知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

おでこニキビが治らないのは、肌が負のループ状態だから

古くなって朽ち果てた車

老化の3大原因は酸化、糖化、炎症です。
ニキビ=若い人にできるもの、というイメージがあるかもしれませんが、20歳をピークに人は老化をしていきます。
老化のスピードは個人差があり、生活習慣が大きく関わってきます。

繰り返すおでこニキビの原因は、肌体力の低下と生活習慣が大きく影響し、酸化、糖化、炎症の3つが同時に起きている状態です。
酸化、糖化、炎症が相互に影響しあい、肌が負のループに陥って抜け出せない状態にあります。

以下に、老化の3大原因である酸化、糖化、炎症を詳しく考察してみます。

酸化

酸化は肌サビのことで、活性酸素が主な原因です。
紫外線、喫煙、飲酒、ストレス、過労、激しい運動、睡眠不足など、生活習慣の乱れにより活性酸素が増えると酸化が促進され、よりニキビを作りやすい状態になります。
生活習慣を整えると共に、抗酸化作用の高い栄養素、ニキビ改善によい食べ物を摂ることが大切です。

「ニキビや肌荒れによい食べ物」としては以下のものがあります。
食品を色別にご紹介しますので、毎日バランスよく6つの色を摂るように意識してみてください。

赤:細胞の形成/造血作用

トマト、赤身の魚(マグロ、カツオ)、パプリカ

黄:抗酸化作用

にんじん、かぼちゃ、玉ねぎ、アボカド

青(紫):抗酸化作用/ポリフェノール

ブルーベリー、あずき、なす、ぶどう、黒豆

緑:抗酸化作用/疲労回復

ブロッコリー、アスパラガス、小松菜、モロヘイヤ、ホウレン草、ピーマン

黒:糖の吸収を抑える/血糖値を安定させる

のり、ひじき、昆布、黒ゴマ、ごぼう、玄米

白:胃腸を整える働き/解毒作用

かぶ、白菜、大根、ネギ、キャベツ

糖化

糖化とは肌のコゲのこと。
体内で分解しきれなかった糖質が、体内のタンパク質などと結びつき細胞を劣化させます。
糖質とは炭水化物や甘いもの、お菓子類に多く含まれ、ニキビや毛穴の開きの原因となります。
東洋医学ではシミやほくろが多い方は糖質過剰と言われています。
体に良いものを取ることも大切ですが、糖質を控える事はおでこニキビに欠かせないケアの一つです。

炎症

炎症とは肌の火事のこと。
炎症とは体が外敵から命や健康を守るための免疫システムの反応です。
毛穴に詰まった皮脂に雑菌や細菌が繁殖し、炎症を起こして毛包や皮脂腺が赤く腫れ、痛みを伴うこともあります。
また肌が乾燥しているとバリア機能が低下し、皮膚の炎症を起こしやすい状態になります。
バリア機能の低下した肌は敏感で、ニキビを繰り返しやすくなるので、十分に保湿をすることが大切です。

おでこニキビの症状を色別で診断

ニキビの色は自分の生活習慣をダイレクトに現わしています。
おでこニキビの対策には身体の中からの改善が欠かせません。
あなたのニキビはどのタイプですか?

白ニキビ

最も軽度のニキビ。
全てのニキビは毛穴に詰まる角栓(コメド)が原因です。
光が当たるとプツプツ目立つ凹凸感のあるニキビは乾燥肌の方に多く見られます。
毛穴が詰まらないよう肌をしっとり柔らかく保つことが大切です。

黒ニキビ

毛穴に詰まったコメドが空気に触れて酸化した状態です。
脂肪分の多い食事、冷えやストレスによる血行不良が原因です。
肌を保湿するだけでなく、食生活の見直しや軽い運動を日々の生活に取り入れましょう。

赤ニキビ

毛穴の内部にアクネ菌が増殖し、ニキビが炎症している状態です。
炎症のある赤ニキビは砂糖と脂肪分の過剰摂取が原因です。
胃腸に負担がかかる食事を続けているとおでこニキビだけでなく、おでこの肌がくすんだり、赤みが目立つようになります。
ニキビを改善する際は、小麦、砂糖、乳製品、動物性脂肪、食品添加物などを摂りすぎていないかチェックしてみましょう。

黄ニキビ

炎症したニキビが膿を持っている状態です。
このニキビは肌内部の炎症も強く、ニキビが治っても跡が残りやすくなります。
自己流のケアに限界を感じたら専門家に相談するのもおすすめです。

おでこニキビの治し方・対処法

このセクションでは、おでこニキビを治す方法や対処法、やってはいけないスキンケアをご紹介します。
ぜひ、普段の生活に取り入れて生活習慣を改善して下さいね。

おでこニキビに悩んだら、まず睡眠時間を整えましょう

寝ている女性

おでこニキビは生活リズムの乱れが影響しています。
睡眠不足が続くと自律神経が乱れ、胃腸の働きが低下します。
肌のターンオーバーが乱れるのはもちろんのこと、消化力、栄養吸収など身体の働きも低下するので、体外に排出できなかった老廃物がおでこニキビとなります。
おでこニキビは胃腸の健康状態をあなたに教えてくれるサインでもあるのです。

おでこニキビの改善には、まず早く寝ることをおすすめします。
夜10時~2時は副交感神経が活発になり、お肌だけでなく身体全体の修復、再生が行われる時間です。
身体のリズムに合わせて睡眠をとることで、おでこニキビの改善だけでなく体調が良くなり、スッキリ快適な生活が過ごせるようになります。

部位でわかる!おでこニキビの対処法

髪の生え際に近いおでこの上部は大腸の反射区です。(※参考:ニキビの出来る場所と原因
老廃物の排出力が低下しているため、便秘や下痢などの症状がみられます。
意識して水分を摂ったり、排出力を高めるために軽度の運動を日々の習慣に取り入れるのもおすすめです。

おでこの真ん中~眉毛に近い部分は小腸の反射区です。胃腸に負担のかかる食事や暴飲暴食のサインです。
ちょこちょこ間食をする人は、常に胃腸に食べ物が送り込まれ、休む間もなく消化をしなければなりません。
遅い時間に食事をすると、睡眠中も消化にエネルギーを費やし、肌の修復が後回しになってしまいます。

食べる時間と胃腸を休める時間を区別し、メリハリをつける事が大切です。

16時間断食の円グラフ

16時間断食という方法は、食事時間を昼12時~夜8時とし、それ以外の時間は水分だけを補給するようにします。
そうすると約16時間は内臓を休めることができます。
睡眠の質が良くなる、腸内環境が整う、疲れにくい、内臓脂肪が燃焼されるなど体調の変化が感じられると思います。

おでこニキビを悪化させる絶対避けたい食品

おこでニキビは薬を塗っただけでは治りません。それは生活習慣の影響を大きく受けているからです。
人間は日々食べた物で身体が作られます。
長年の蓄積で作られるので、改善のスピードも緩やかですが、3ヵ月続けてもらうと必ず変化を感じられると思います。

砂糖

甘いスイーツやアイスクリームはニキビの大敵です。
甘いものが無性に食べたくなるのは、たんぱく質やマグネシウム不足により栄養バランスの偏りが原因です。

甘いものがとにかく好き→タンパク質不足の可能性あり。
必須アミノ酸が豊富に含まれる卵、牛肉(脂身なし)、豚肉(脂身なし)、鶏肉(皮なし)、いわし、さけ、納豆などがおすすめです。

チョコレートが大好き→マグネシウム不足の可能性あり
あおさ、海苔、ひじき、ワカメ、切り干し大根、干しエビ、納豆、豆腐、にがり

小麦

小麦を使った食品は味が濃く、砂糖や油脂を使用したものが多いです。
小麦を頻繁に食べる人は肌も体も老化リスクが高まります。
小麦に含まれるグルテンは腸に炎症を起こしやすく、肌荒れ、便秘、下痢、アレルギーや慢性疲労、うつなどの原因になります。
グルテンは、砂糖以上に血糖値を上昇させてしまうので、身体への負担も大きく、太りやすい食品でもあります。
食べれば食べるほどもっと欲しくなり、食欲を増進させてしまうのもグルテンの特徴です。
ニキビの改善のためにはお米を主食とした食生活がおすすめです。

乳製品

牛乳に含まれるタンパク質(カゼイン)は体内で分解しづらく、消化に負担がかかります。
カゼインを頻繁に摂取すると腸内に未消化物が多くなり、腸の炎症を招きます。
下痢や便秘などの症状が出やすい方は、乳製品を控えましょう。

食品添加物

外食やインスタント食品中心の生活は白砂糖や動物性脂肪、添加物、人工甘味料などを摂りすぎてしまいます。
特に加工食品に多く含まれる添加物や人工甘味料は体内で分解しづらく、体内に蓄積されると言われています。
長年蓄積されることで慢性頭痛、生理痛、アレルギーや酷い肌荒れ、大人ニキビの原因となります。
肌は皮膚呼吸を通じて体内の老廃物を排出する排泄器官であり、おでこニキビもその現れなのです。

絶対やめて!おでこニキビを悪化させるスキンケア方法

スキンケア

ニキビに悩む方の勘違い、それは「自分の肌が汚れている」「皮脂が過剰な脂性タイプだと思い込んでいる」ことです。
繰り返すニキビを改善したいあまり、肌を触りすぎてしまう方がたくさんいます。
おでこニキビが治らない原因は「洗いすぎ」です。
洗顔直後のお肌を観察してみてください。
おでこの皮膚がテカテカしていませんか?これは擦り過ぎのサインです。
洗顔やスキンケアを付ける時の摩擦で肌のキメが潰れてしまっている状態。
「ビニールスキン」とも言われ、過剰な刺激で肌が薄くなってしまい、保水力が低下しています。

おでこは皮膚が強いと思っている方も多いようですが、擦りすぎは禁物です。
ニキビがある部分はお肌が敏感になっています。
お肌に刺激与えず、自分の肌に合ったスキンケアを選びましょう。

おでこニキビ改善の鍵はクレンジングにあり!

おでこニキビを改善したい場合に、一番に見直して欲しいスキンケアはクレンジングです。
洗顔は丁寧に泡立てて優しく洗っている方も多いのですが、特に女性はクレンジングで肌を荒らしています。
「毛穴に詰まったメーク汚れを落としたい」そんな気持ちから長時間クレンジングをしたり、クレンジングでマッサージをしている方もいます。

おでこニキビに必要なのは、潤いを与え、摩擦を与えなくてもきちんとメークを落とせるクレンジングです。
最近人気のバームやオイルクレンジングは、肌トラブルがない方に合ったクレンジングなので敏感なおでこニキビにはおすすめできません。
美肌の入り口は自分に合ったクレンジング選びから。
乾燥が気になるおでこニキビにはPROUDのミルククレンジングがおすすめです!

PROUD ミルククレンジング

PROUD ミルククレンジング

▼ニキビ研究所公式ショップで詳細をご確認ください

https://nikibilabo.official.ec/items/16605676

泡立て洗顔はもう古い!おでこニキビに最適な洗顔料

乾燥しているのにベタつくTゾーン、そんなお肌の悩みに最適なのがクレイ洗顔です。
泡立てるタイプの洗顔は汚れの吸着力が低く、合成界面活性剤を使用したものが多いため、
洗いあがりにお肌が突っ張ったり、使い続ける事で乾燥肌、敏感肌になってしまう方も多いのです。
おでこニキビの改善には、汚れを落とすだけでなく、ニキビの症状を改善する洗顔料がおすすめです。

天然の泥を主原料をしたPROUD クレイマスク&ウォッシュは、合成界面活性剤を使用していないので、お肌の潤いを守りながら、天然クレイが持つマイナスイオンの吸着力でしっかり汚れを落としてくれます。

PROUD クレイマスク&ウォッシュ

PROUD クレイマスク&ウォッシュ

4種類の抗炎症成分配合で、ニキビの炎症を緩和し、皮脂分泌をコントロールする効果もあります。
お肌のザラつきが気になる方には特におすすめしたい洗顔です。

▼ニキビ研究所公式ショップで詳細をご確認ください

https://nikibilabo.official.ec/items/16608856

おでこニキビのケア/水分と油分のバランスが大切です

おでこニキビの改善には、お肌の保湿が欠かせません。
化粧水と乳液だけで日々のお手入れを済ませている方がいますが、それでは十分とは言えません。
各メーカーにより異なりますが、乳液に含まれる油分は5~20%程度。
水分の定着を高めるためのトロリとした水分、という位置づけです。
なので乾燥するおでこニキビには乳液よりもクリームのご使用をおすすめします。

肌が乾燥したり、ベタついたりするのは、自分に合ったスキンケアが出来ていないサインです。
化粧水の量を増やすだけでなく、水分と油分のバランスが取れている事が大切なのです。

最先端のニキビケア!再生医療の力を味方につける!攻めのクリームで肌改善

ニキビに良いという化粧品をあれこれ試してみたけれど、効果が実感できない。
それは化粧品が健康な肌を維持する目的で作られているからです。
何をやっても治らないニキビ肌は、敏感で肌体力が低下しています。
従来の「潤いを補う」化粧品では目に見えた改善は期待できません。

ニキビ改善の救世主とも言える成分があります。
根本からのニキビ改善に有効な成分は、ヒト幹細胞培養液です。
優れた生理的活性作用を持ち、肌再生を促進します。

ヒト幹細胞培養液は人の細胞そのものに働きかけ、組織の再生やターンオーバーの正常化を助けます。
500種類以上の肌活性成分(成長因子やサイトカイン)が繊維芽細胞に働きかけ、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの生成にアプローチ。
美容や再生医療の現場で最も注目される成分なのです。

抗炎症作用、炎症部分の治癒促進、抗酸化作用、血管再生、活性酸素除去作用、美白効果。
ニキビ改善に期待する効果が十分に期待できます。

PROUDのモイストアップリクームはニキビ肌のために、効果性と使用感にこだわって作られたクリームです。

PROUD モイストアップリクーム

PROUD モイストアップリクーム

  • クリームとは思えない軽さでベタつきが気にならない
  • 潤いが持続し、しっとりと柔らかい肌を保つ
  • ビタミンC誘導体が過剰な皮脂分泌をコントロール
  • 毛穴が引き締まった
  • 新しいニキビができづらくなった
  • ニキビ跡が薄くなってきた
  • ほうれい線が薄くなって小顔になった
  • 無香料だから男性でも使いやすい

と、ご使用いただいた方からはたくさんの喜びの声をいただいています。

▼ニキビ研究所公式ショップで詳細をご確認ください

https://nikibilabo.official.ec/items/12838994

▼ヒト幹細胞オリジナル化粧品はこちらのページで詳しく解説しています

https://nikibilab.com/proud/

おでこのニキビ改善の救世主/ハーブピーリングがオススメ

ハーブトリートメント

おでこニキビを治したい、ニキビの跡を改善したい。
日々のケアでは物足りなさを感じている方におすすめなのがハーブピーリングです。

健康なお肌は通常28日周期でターンオーバーしていますが、ニキビを繰り返しているお肌は非常に代謝が悪くなっています。
ハーブピーリングは停滞したお肌を5日間でリセット、肌再生と自然な剥離へと導きます。

従来のピーリングはスクラブのようなザラザラしたもので肌を研磨したり、薬剤で肌の表面(角質)を溶かし、無理やり剥離させるものが主流でした。
お肌の弱い方には刺激が強すぎたり、皮膚が薄くなる、赤ら顔を誘発するなど、余計に肌トラブルが増えてしまうものもありました。

ハーブピーリングは、カイメンを主成分とする天然由来の「微細針状粒子成分」をお肌の深部へと浸透させ、成長因子を導入する美容トリートメントです。
お肌により優しく安全で、即効性を感じていただける最新の技術になります。
細胞レベルでお肌にアプローチができるので、コラーゲン生成、ターンオーバーが促進されます。

これまで以上にお肌の悩みが早く改善すると人気のトリートメントです。

→ ハーブピーリングの詳細はこちらをご覧ください。

おでこニキビを治す方法まとめ

おでこニキビの改善は外的要因(スキンケア、肌へのアプローチ)と内的要因(生活習慣の改善)の両方のアプローチが必要です。
おでこニキビの原因は様々ですが、自分にとっての優先順位を見極め、正しいお手入れをする事が、早期改善の近道です。

  • 自分の肌のことがよくわからない
  • 何から始めたらいいかわからない
  • 一刻も早く治したい

真剣におでこニキビを改善したい方は、プロのエステティシャンに頼ることをおすすめします。
ニキビ研究所はニキビに特化した専門性の高いエステサロンです。
八王子本店を含め東京で5店舗展開しています。

よしこ先生
よしこ先生
オーナーもスタッフもニキビに悩んだ経験を持ち、お客様に寄り添い、親身になってニキビ改善に取り組みます。
ニキビに悩む方が一日も早くニキビを改善し、自信と笑顔を取り戻す。それが私たちの願いです。
自己流はもう卒業!ニキビのプロと一緒に美しい肌を取り戻しましょう!

関連記事