繰り返す顎ニキビの治し方は?ひどい原因や対処法・治らない理由も徹底解説【即効性のある最新施術も】

ニキビの治し方

顎ニキビの写真
よしこ先生
よしこ先生
思春期を過ぎて大人になっても、Uゾーンに繰り返しできる顎ニキビ。 「洗顔しても、ニキビ用の薬を塗っても、サプリメントを飲んでも治らない!」とお悩みではありませんか?

当記事は、スキンケアしているのに顎ニキビが治らないとお悩みのあなたへ書きました。
大人になっても顎ニキビができる原因、治し方、対処法や、「2週間で肌が変わる」と評判のニキビ専門サロンでの最新施術法を詳しくご紹介します。
ぜひ最後まで読んで、しつこい顎ニキビを予防・改善してくださいね。

記事執筆:ニキビ研究所所長 牛尾佳子

大人になっても顎ニキビが治らない、繰り返す理由

顎ニキビは大人ニキビの中でも代表的なニキビのひとつです。

思春期の頃にできる思春期ニキビは、顔の上部にできやすい特徴があり、おでこや頬、鼻の周りなど、Tゾーンを中心に発生します。

これに対し20歳を過ぎた大人ニキビは、Uゾーンと呼ばれる口元や顎、フェイスラインなどに発生します。
大人ニキビの中でも特に治りづらいのが顎にできるニキビです。

当記事では、顎ニキビの原因と治し方を詳しくお伝えしていきます。
ここではニキビができる原因を簡単に振り返ってみましょう。

顎ニキビに限らず、ニキビができる原因は毛穴の詰まりです。

毛穴に詰まった皮脂が酸化し、アクネ菌が繁殖することで炎症を起こしてニキビができます。
顎は髭が生えるため毛穴の数が多く、皮脂腺からの皮脂分泌が活発です。
このため、顎ニキビができやすくなるのです。

特に顎の毛穴が開いて目立つ人は皮脂腺が発達しているため、顎ニキビが増えやすくなるといえます。
毛穴の汚れを落とし、肌を柔らかく清潔に保つことは、ニキビ改善に欠かせません。

マスクで顎ニキビが酷くなる理由とマスク選びの注意点

マスクで顎ニキビが酷くなる理由

ここ最近急増しているのが「マスクニキビ」と呼ばれるニキビです。
マスクニキビとは、マスクの着用が必須となったことでできる、口元や顎のニキビをいいます。

マスクを付けるようになってから、顎ニキビが酷くなったという方がとても多くなりました。
マスクで擦れてしまうのも顎ニキビが酷くなる理由のひとつですが、他の理由として

  • マスク内が蒸れて毛穴が詰まりやすくなること
  • 自分の唾液でマスク内に雑菌が増え、炎症をおこしやすくなること

が挙げられます。

マスクを選ぶときの注意点

マスクを選ぶ際の注意点ですが、不織布のマスクで荒れてしまう方がとても多いです。
不織布は化学繊維でできているので、お肌が弱い方は化学繊維に触れることで荒れてしまう方もいます。

ニキビ肌のマスク選びは、布やガーゼなど通気性の良いもの、柔らかいものを選ぶ事をおすすめします。
もし不織布のマスクを使用する場合には、内側にガーゼを付けるなど工夫してみると良いでしょう。

顎ニキビは大人ニキビの象徴です。
長時間のマスク使用だけでなく外的刺激や生活環境の変化、食事や体質の影響をとても受けやすい部分であることを覚えておきましょう。

顎ニキビの原因と対処法

大人ニキビの中でも特に治りづらいのが顎にできるニキビです。
ここでは、顎ニキビができやすい原因を紹介するとともに、顎ニキビを改善する具体的な対処法についてご紹介していきます。

原因1.顎は乾燥しやすくて皮脂腺の多い部位だから

顎は、皮脂腺は多いのに汗腺は少ないという特徴を持っています。
このため、汗をかいて潤いをあたえることができません。
潤いが足りないと皮脂の分泌が盛んになって毛穴が詰まり、炎症を起こしやすくなります。
また、乾燥しているお肌はバリア機能が低下して、外からの刺激を受けやすくなります。

クリームを使ってしっかり保湿すること、頬骨の上やフェイスライン、マスクで荒れる部分は日中クリームを薄く重ね付けするのもおすすめです。
ミスト状の化粧水は肌の水分を奪ってしまう性質があります。
保湿性を高め持続させるには、クリームのほうがおすすめです。

よしこ先生
よしこ先生
ニキビ研究所では、ヒト幹細胞培養液を成分としたオリジナルクリーム「PROUD モイストアップクリーム」を開発しました。

最先端のニキビケア!再生医療の力を味方につける!攻めのクリームで肌改善

PROUD モイストアップリクーム
PROUD モイストアップクリーム

ニキビにいいという化粧品をあれこれ試してみたけれど、効果が実感できない。
それは化粧品が健康な肌を維持する目的で作られているからです。
何をやっても治らないニキビ肌は、敏感で肌体力が低下しています。
従来の「潤いを補う」化粧品では目に見えた改善は期待できません。

ニキビ改善の救世主とも言える成分があります。
根本からのニキビ改善に有効な成分は、ヒト幹細胞培養液です。
優れた生理的活性作用を持ち、肌再生を促進します。

ヒト幹細胞培養液は人の細胞そのものに働きかけ、組織の再生やターンオーバーの正常化を助けます。
500種類以上の肌活性成分(成長因子やサイトカイン)が繊維芽細胞に働きかけ、
コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの生成にアプローチ。
美容や再生医療の現場で最も注目される成分なのです。

PROUDのモイストアップクリームはニキビ肌のために、効果性と使用感にこだわって作られたクリーム

PROUDのモイストアップクリームは抗炎症作用、炎症部分の治癒促進、抗酸化作用、血管再生、活性酸素除去作用、美白効果。
ニキビ改善に対する効果が十分に期待できます。

  • クリームとは思えない軽さでベタつきが気にならない
  • 潤いが持続し、しっとりと柔らかい肌を保つ
  • ビタミンC誘導体が過剰な皮脂分泌をコントロール
  • 毛穴が引き締まった
  • 新しいニキビができづらくなった
  • ニキビ跡が薄くなってきた
  • ほうれい線が薄くなって小顔になった
  • 無香料だから男性でも使いやすい

と、ご使用いただいた方からはたくさんの喜びの声をいただいています。

▼ニキビ研究所公式ショップで詳細をご確認ください

https://nikibilabo.official.ec/items/12838994

▼ヒト幹細胞オリジナル化粧品はこちらのページで詳しく解説しています

https://nikibilab.com/proud/

原因2.外部からの刺激

顎ニキビが治りづらく繰り返しできるのは、外的な刺激を受けやすいことです。
例えば、以下のような直接的な刺激が考えられます。

  • 頬杖をつく
  • 口元を覆う
  • マフラーやショールなどの衣類が顎に触れる
  • 布団や枕カバーが汚れている
  • マスクを付ける

また、無意識に顎を触っている方も多く、気になって触るほど顎ニキビは悪化してしまいます。
朝晩の洗顔やスキンケア、メークをする時以外は顔を触らないようにすることが大切です。

男性は髭剃りが顎ニキビの原因になることも

男性は毎日の髭剃りによる刺激を受けるため、積み重なった摩擦で顎の皮膚が固くなり、毛穴詰まりを起こしやすくなります。
髭があることで雑菌も繁殖しやすくなるため、ひげ脱毛をするのも効果的です。

女性は生理の周期とも深く関係しています

生理前は黄体ホルモンが増えるため、皮脂分泌が過剰になり、肌も敏感になります。
顎は子宮の反射区とも言われ、ホルモンバランスの影響を受けやすく、生理前のニキビが出やすい場所です。

※参考:ニキビの出来る場所と原因

原因3.生活習慣の乱れ

顎ニキビを繰り返す人の特徴として、生活習慣の乱れがあります。
コロナ禍のなか、在宅勤務やリモートワークが中心になり、生活習慣が乱れ、睡眠不足や不規則な食生活になってしまった人もいるようです。
睡眠不足、ストレスや過労が続くと自律神経が乱れ、ターンオーバーが遅れたり、身体の修復機能が低下します。

また、遅い時間に食事をとると胃腸に負担がかかり、体内に老廃物が蓄積しやすくなります。
遅くても20時までには食事を済ませ、23時までには就寝しましょう。
お仕事で帰宅が遅くなる人は、夕方に軽食を取ったり、食事を済ませてから帰宅するのがおすすめです。

食生活の見直しには日々の生活で簡単にできるファスティングがおすすめです

2週間で肌が変わる!ナチュラルファスティングのすすめ

夜は遅くても23時までに就寝し、規則正しい生活をする、シャワーではなく入浴をする、1日15分でもいいからウォーキングやストレッチをするなど、身体のリズムを作ることが大切です。

顎ニキビの原因の80%は生活や食事などの内的要因、20%が肌そのものの要因です。

原因4.紫外線

紫外線でニキビが増えると言うと、意外な気がするかもしれません。
紫外線は肌の免疫力を低下させ、ニキビの原因となる活性酸素を増やし、光老化の原因となります。

美しい肌を保つには真夏だけでなく1年を通じて紫外線対策が必要です。
紫外線を浴びると新しいニキビができやすいだけでなく、ニキビ跡がシミになってしまいます。
紫外線のカット力だけでなく、抗菌性や抗酸化力の高い日焼け止めを選ぶことがニキビ改善のポイントです。

原因5.身体の冷え

寒そうな女性の写真

顎ニキビができやすい人の傾向として、身体の冷えがあります。
手足は温かいけれど、お腹やお尻が冷めたい、そんな人は内臓が冷えているかもしれません。

顎やフェイスラインにできるニキビは子宮や膀胱など、生殖器、泌尿器が不調なサインです。
慢性的な腰痛や生理痛、下半身の冷えやむくみを感じている人は身体を温め、血の巡りを良くすること、老廃物を排出しやすい生活を心がけましょう。

原因6.間違ったスキンケア

毎日の洗顔やスキンケア、無意識にやっていませんか?
人間の顔は凹凸があるため、どうしても出っ張っているおでこや頬を中心にスキンケアをしてしまう傾向にあります。
顎を洗い忘れていたり、十分なすすぎができていないなど、洗顔が抜けている人も多くいます。
顎ニキビを改善するためには、鏡を見て洗った部位を確認すること、顎にも丁寧にスキンケアをすることが大切です。

また、洗顔のしすぎはかえって皮脂を分泌する働きが強くなるので、洗い過ぎに注意して下さい。

顎ニキビの治し方【即効性あり】

顎ニキビを治す近道!お肌のプロ、ニキビ専門サロンに頼る

よしこ先生
よしこ先生
自分一人ではお肌のことがよくわからない、自分のやっているお手入れが合っているのか心配。。そんな方はニキビを得意とするエステサロンに相談するのがおすすめです。

ニキビ研究所とは

ニキビ研究所はニキビに特化した専門的なエステサロンです。
おしゃれなサロンには行きづらい、相談しにくいという方、男性の方でも安心してご相談いただけます。
どんなサロンなのか?自分にはどんな施術が合っているのか?無料カウンセリングもありますのでお気軽にご相談ください。

→ ニキビ研究所の詳細はこちら

お肌の改善は、まず自分の肌をよく知る事から始まります。
実際に洗顔の仕方を指導し、お肌の触り方を学んでいただきます。
機械で肌の皮脂量を確認し、キメの状態を観察してから、お客様に合ったエステやスキンケアの改善計画を立てていきます。

「ニキビができる=自分の肌は皮脂が多い、汚れている」という、間違った思い込みからニキビを悪化させてしまう方がとても多いです。
顎ニキビを早期解決したい方は、ニキビケアのプロにご相談ください。
集中して改善に取り組み、一日でも早くニキビのない肌を取り戻しましょう。

施術メニュー① ハーブピーリング

ハーブトリートメント

施術メニューの中で一番の人気はハーブピーリングです。
美容皮膚科で行うダーマペンと同様の効果があり、安全、かつお手頃な価格で受けられます。

ニキビを繰り返している皮膚は、傷口を保護するために肌が固くなり、角質が厚くなっていきます。
角質肥厚すると肌の代謝が遅くなり、毛穴も詰まりやすくなります。

ハーブピーリングは天然素材のハーブやカイメンなどの成分を使用して、肌の再生を促すものです。
マイクロニードルという棘状の成分が肌の深部まで浸透し、新陳代謝を高め、古い角質を排出するトリートメントです。

毛穴の開きや凹凸感のあるクレーターにお悩みの方、つるりとした美肌になりたい方におすすめです。
お客様の肌に合わせて5種類のハーブを用意しているので、お肌の弱い方でも安心して受けられます。
2週間に一度、6~10回程度の施術で早期改善が期待できます。

→ ハーブピーリングの詳細はこちらをご覧ください。

施術メニュー② フォトフェイシャル

フォトフェイシャルの機械

敏感なニキビ肌に人気なのがフォトフェイシャルです。痛みやダウンタイムが少なく、肌の奥からお肌を改善します。

お悩みに合わせて光の周波数をコントロールし、最適な光を照射することで、ニキビの炎症、ニキビ跡による色素沈着、赤ら顔の改善に効果が期待できます。

真皮層まで届く光がお肌のハリを作るコラーゲン繊維やエラスチン、ヒアルロン酸といった有効成分を生成する線維芽細胞という細胞を活性化するので、毛穴を引き締め、キメの整った滑らかなお肌を手に入れることができます。

フォトフェイシャルは3週間に一度、6~12回の施術がおすすめです。

▼フォトフェイシャルはこちらのページで詳しく解説しています

https://nikibilab.com/rf/

顎ニキビの原因と治し方まとめ

よしこ先生
よしこ先生
最後までお読みいただきありがとうございました。顎ニキビは大人ニキビの中でも改善が難しいニキビです。顎ニキビの原因は複合で、絡まりあっています。

顎ニキビの治し方を整理すると、さまざまな要因が考えられます。

・スキンケア不足
・毛穴の詰まり
・ニキビを繰り返すことでダメージの蓄積
・外的な刺激(髭剃り、頬つえ、無意識に触っている)
・過労や睡眠不足、ストレスによるターンオーバーの乱れ
・脂肪分の多い食生活
・冷えや代謝不良

お肌だけでなく生活環境を整えて、顎ニキビを予防していきましょう。

関連記事