ニキビの治し方

大人ニキビの治し方

サロンにお越しになるお客様、22歳~30代後半と幅広い年代の方がいらっしゃいます。

【20~23歳】
大人ニキビに悩み始める年齢です。10代はニキビができても年齢的なものだと思っていたのに、20代になっても治らない。
むしろ酷くなってきた。いままでニキビなんて出来たことないのに突然出来るようになった、など。
ご相談が一番多いのが22~23歳です。

【25~30歳】
ニキビと共にくすみ、たるみなどのトラブルが出始める時期。ニキビが治りづらくなった。
ニキビ跡が色素沈着し、シミになっているなど。

【30~40代】
ニキビが色素沈着してシミ化している、たるみによる毛穴のひらき、法令線など肌の悩みも深刻化。
間違ったお手入れの蓄積により、負のスパイラルに陥っている人も。

大人ニキビのメカニズム

10代の思春期ニキビは主に額から頬にかけてのTゾーンにできやすく、過剰に分泌された余分な皮脂でが原因で起きるギトギトの脂っぽいニキビ。
これに対して大人ニキビは、思春期ニキビとは違ったメカニズムでできてしまうニキビなのです。大人ニキビの原因は「古い角質の蓄積」と「肌の乾燥」
加齢とともに肌の代謝が悪くなることで、ターンオーバーが遅くなり、古い角質で毛穴をふさいでしまいます。

また、ターンオーバーの低下によって起こる「肌の乾燥」は毛穴をふさぐ角質を厚く、堅くし、大人ニキビをさらに頑固にさせる原因ともなります。ふさがった毛穴にアクネ菌が繁殖し、そこでできた炎症が「大人ニキビ」となってしまうのです。

ニキビが出来る原因を取り除けば、肌は必ず綺麗になります。

ネットを調べればニキビの原因や対処法が載っています。

「情報はたくさんあるけど、何をしたらいいのかわからない」

サロンにいらっしゃるお客様は口々にそう言います。
大切なのはニキビを繰り返さない肌作り。
一日も早く美しい肌を手に入れて、もっと輝ける未来の自分に目を向けて欲しいのです。

関連コラム